今すぐ引っ越したい時の業者選び法

今すぐ引っ越したい時に初めにやらないといけないのは業者選び。

 

引っ越しというのは人生に何回もある訳ではありませんので業者に詳しい人ってそうはいないですよね。

 

そんな時に役に立つのが無料の一括見積サービスです。

 

業者によってもエリアによって強い、弱いがありますので一概にここが安いって言えないんですよね。
現住所の郵便番号と引っ越し先の都道府県、単身か家族かオフィスかを選択するだけで無料一括見積もりかけられるのは本当に便利です(^◇^)

 

>>無料一括見積もりはこちらをクリック

 

コラムなど

幸せいっぱいの引越しの思い出

わたしは今まで幾度となく引越しをしてきました。
引越しは人生の中でも大きなイベントなので、それぞれいろいろな思い出があります。結婚に向けて幸せいっぱいの引越し、別れることになって不幸のどん底の中の引越し、転職により収入がダウンしたため安い部屋への引越しなど、さまざまな理由で引越しをしてきました。

 

わたしは一人暮らしが長く、一人で何度か引越しをしていたのですっかり引越しのプロになっていました。一人で物件を決め、契約をして引越し屋さんの手配をし、荷造りをして当日の荷物の出し入れ、電気、ガス、水道の契約など何もかも一人で行なっていたので、とてもスムーズに引越しができるようになっていました。よく引越し屋さんにも「とてもキレイに梱包されていますね。」と褒められたものです。今すぐ引っ越したいというときもスムーズでした。

 

そしてついに結婚が決まり、今の部屋に夫とともに引っ越してきた時、それまですべて一人でやってきたことを二人で進めていくことで、「本当に結婚するんだな。」という実感が湧いてきました。同時に「もう一人でやらなくていいんだ。」という思いから、今まで張り詰めていたものがするするとほどけていく感じがしました。結婚して夫婦になるということで、自分はとても守られている気がしました。
それぞれの引越しにはその時々でいろんな思い出がありますが、わたしはこの結婚の時の引越しが一番思い出に残っています。
自分の人生の節目になったこの引越しは、今でもとても良い思い出となっています。

 

引越し作業

同棲していた彼との結婚が決まり、それまで彼の一人暮らし用の部屋に2人で住んでいましたので、今すぐ引っ越したいねということになりました。

 

これまでしてきた引っ越しと違い、荷物も2人分なので、引っ越し嫌いの私は少し憂鬱でした。
荷物をまとめるのは、本当に苦手な作業です。

 

というわけで、引っ越し1か月前から少しずつ詰め込み作業をすることにしました。
そのとき私は妊娠中で、無理ができないということもあり、余裕を持ってはじめました。

いいね

 

まずは不用品の処分です。
処分が大変だったのは、写真の現像液です。
産業廃棄物扱いになるので、液体を流しなどに捨てることができません。
うちに残っているのは少量でしたが、業者さんに来ていただき、持って行ってもらいました。
全部で処分代は2千円くらいかかりました。

 

その他、粗大ごみを捨てるタイミングにも苦慮しました。
不要な布団などはすぐ捨てましたが、冷蔵庫や電子レンジなど、直前まで使うものは、区が収集してくれるぎりぎりに出すなど、結構めんどくさかったです。
引っ越し業者さんに有料で引き取ってもらうことも検討しましたが、結構高額になるとのことでしたので、工夫してごみ収集に出しました。

 

不用品を捨てても、大量の荷物が手元に残り、とにかく段ボールに詰めて、なんとか引っ越しを終えました。

 

引っ越すまでは本当に憂鬱ですが、新居で片付け終えた瞬間は爽快なことが多いので、それを励みに何とか頑張りました。

 

>>無料一括見積もりはこちらをクリック